アニマルコミュニケーション講座を東京で開催しています。季節や年齢など個々の動物の身体に適しているフードが分かったり、問題だと思っていた行動の真意が分かります。飼い主さんとペットとが、日常の些細なことから健康や将来のことまで、話し合いながら生活できるようになれます。

アニマルコミュニケーション60分

アニマルコミュニケーション60分

飼い主さんのお聞きになりたい事、伝えたい事を、私が代りに動物へお話しさせていただきます。

 

aflo_bqma011075このコースは、飼い主さんの動物への質問を、私が動物にお聞きします。
私を介して、飼い主さんとペットが心を通じ合わせるセッションです。
お互いの気持ちが通じ合えば、私たちは今よりもっと分かり合えることを、実感しています。

 

家の子の気持ちを聞けるから、安心して対処することができます
 体調不良で、食餌を食べない時に『何が食べたい?食べられるモノはある?』
 自宅療養か、通院か、飼い主として判断に迷った時に『治療の希望はある?』
 突然、トイレの失敗が続くようになッ田時に『トイレ以外でおしっこをするのは、なぜ?』
 お散歩に行くと、人や犬を極端に怖がっている場合に『何に怯えているの?どうして欲しい?』
(亡くなったペットに)『あの時、何を思っていたの?』

どんな状態のペットとも、お話しできます
 一緒に暮らしているペットとは、勿論話せます
 離れて暮らしているペットでも、話せます
 亡くなってから何年たっていても、話せます

 

 

動物とのコミュニケーションの内容を、ご紹介します

動物と人間は、人生を共にする(した)パートナーとして、どんなことでも話し合えます。
動物たちが伝えてくれる事は、いつも飼い主さんの心の奥深くに届く言葉ばかりです。

猫のPさんからお姉さんへのメッセージ『太陽の暖かさは、生まれてきたことへのご褒美です』
体調は悪いです、もう年ですから。
あと少し、かみしめて生きます。
この暖かいところは、生まれてきたことへのご褒美ですから、もう少しこの暖かいところに居ます。
声を掛けてくれて、ありがとう。

 

猫のTさんよりお姉さんへ『自分を責めて苦しむのは、やめて』
e-nikki-00789死を拒否することは、できないということを、知ってほしい。
死の迎え方や日にちが変わることはありますが、死そのものを避けることはできないんです。
お姉さんは、(ペットが死を迎えるたびに)いつも自分を責め、苦しくなっています。
そんなことは、もうやめて。

 

猫のMさんよりお姉さんへ『お姉さん家の子になって、お姉さんの横で暖かくして暮らしたい』
e-nikki-00791年をとったから、春までは待てない。
今までは、外で楽しかった(草の匂いを嗅いだり、蝶々を追いかけたり)
これからは、家の中で暮らしたい。
お姉さんの横で暖かくして、暮らしたくなった。

 

 

?犬のK君よりお母さんへ『言い過ぎた事を、謝って』
o0450045011744893420お母さんは、お母さんのお母さんへ「ごめんなさい」と「ありがとう」を言って。
お母さんは、時々、お母さんのお母さんへ『言い過ぎた』と思っているの。
それを謝らないと、自分の喉が苦しくなる。
喉に溜まってお母さんを苦しめている『言い過ぎたこと』を謝って。

 

?猫のNさんよりお姉さんへ『泣く時は、思いっきり泣いてください』
CIMG0422~1お父さんのくれる鰹節は「愛」です。
お母さんには、気まぐれに私をかまわないで、私を尊重してもらいたいです。
お姉さん、泣く時はポロポロ涙を出した方がいい。
思いっきり、泣いてください。

 

 

 

アニマルコミュニケーション60分-セッションの流れ

事前メール打ち合わせ

1 お申し込み時に、ペットへ尋ねたいことをお書きいただきます(質問の数の限定はありません)
2 私からの折り返しのメールで、ペットの状況、場合によってはご家庭の状況についても、お尋ねします
3 有意義なセッションとなるように、メールで質問内容を相談させていただきます

私とペットとのセッション

4 ご相談して決まった質問を、私がペットに尋ねます

飼い主さんへのご報告は、直接お逢いするか、スカイプでおこないます(お申し込み時にご選択いただけます)

5 ペットからお聞きしたことを、飼い主さんへ文章と言葉でお伝えします
6 その内容について、飼い主さんより質問やご意見を、お話しいただきます
7 その場で、飼い主さんが更にお聞きになりたくなったことを、私がペットに尋ねます
8 ペットが伝えたかった事について、振り返ります

 

 

アニマルコミュニケーション60分の2つのコースのご説明

アニマルコミュニケーション60分-対面(直接、お逢いする)コース


a0002_002082_m飼い主さんに、セッション会場まできていただくコースです。
「ペットの同伴はできません」
 日常的な環境から離れることで、ペットやご自身の課題に、集中して向き合うことができます。
 また、パソコン操作や電磁波が苦手な方にも適しています。
 ご自宅へお伺いすることもできます。(料金は同じです。別途、交通費を頂戴します)
 料金は14,000円です。(ones-one倶楽部の会員様は60分12,000円)
 場所は、東武東上線「上板橋」徒歩12分(お申し込み後に道順をお知らせいたします)

アニマルコミュニケーション60分-スカイプ(自宅に居て、スカイプを使う)コース

a0002_002122_m飼い主さんはご自宅に居ていただき、スカイプを使用してセッションをするコースです。
ペットが側に居なくも、けっこうです。
 必要なモノはスカイプが使えるパソコンです。(スカイプの設定や使い方はこちらです)
 スカイプを使うことのメリットは、ご自宅にいながら、セッションできることです。
 長時間ご自宅を離れることのできない方、遠方の方にお薦めします。
 料金は12,000円です。(ones-one倶楽部の会員様は60分10,000円)

スカイプコースには、スカイプが使えるパソコンが必要です。(ビデオモードでお願いします)
スカイプの設定や使い方についてはこちらを ご覧ください。
スカイプを使うことのメリットは、ご自宅にいながら、セッションできることです。

 

ones-one倶楽部は、無料でご登録いただけます。ご登録いただくと、各種サービスの割引がございます

 

アニマルコミュニケーション60分のお申込みとお支払

お支払について

 お手数ですが、お申込み後、1週間以内に指定の銀行へお振込み願います。(手数料はお客様負担でお願いします)
 指定銀行は、お申込み後に当方から送付します確認メールでお知らせします。

お申込みについて

お申し込みは、下記フォームからお願いします.
ほぼ24時間以内に確認メールを返信しています。
もし、48時間たってもメールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認の上、お手数ですがメール をいただけると、助かります。

お申込みフォーム

の項目は、必須になります。




セッション方法


















受付時間 10:00~20:00(不定休) 090-8516-0479 講座会場:東武東上線『上板橋』

メールでお問い合わせはこちら

animal-moushikomi

個人セミナー受付日

ピンクの 「◎」となっている日が個人セミナーとセッション可能日です。

一覧表示はこちらになります。

動物のお役立ちサイト

フェアリー・ペットケアクリニック
ホリスティックケア獣医さん

鍼灸治療や無麻酔歯石除去、漢方薬やサプリメント・アロマテラピーなど
header

 

 

愛犬のキモチがわかるセラピスト
アニマルコミュニケーターひろへさん

飼い主もイヌも揃って、心も身体もすっきする「マルママッサージ」

 

 

 Dog photo house
フォトグラファー中川真弓さん

ワンちゃんと一緒の家族写真を!
湘南アットホームなフォトスタジオ

ones-one倶楽部

サービスの割引やお得な情報を、月1回~2回配信しています

 

 

カフェ

「ABC倶楽部」は、こちらですよ


 

 

【当方のバナー】 http://ones-1.com

バナー リンクフリーですのでよろしくです
  • facebook
  • twitter
  • お問い合わせ