アニマルコミュニケーションの仕組み

アニマルコミュニケーションのしくみ

種族が違う人と動物がどうしてコミュニケーションがとれるの?

 

アニマルコミュニケーションはエネルギーのやりとり

携帯電話の仕組み、ご存じですか?

アニマルコミュニケーションと携帯電話の仕組み、ちょっと似ています。

私、携帯電話がとても不思議でした。
あの小さな箱の中に、どんなシステムが入ってるの?

端末の事を知っている方には当然な話しなんでしょうけど、携帯電話は音声を送受信してるんじゃなかったんですね。
音声を信号に変換して、電波に乗せて、送受信してるんですね。

アニマルコミュニケーションの理屈と、ざっくり同じ。

携帯電話は、音声を信号に変えて、電波を使って送受信する。

アニマルコミュニケーションは、「言葉や思い」をエネルギーにして、送受信しています。

 

アニマルコミュニケーションはエネルギーを五感に変換

例えば、
ワンちゃんが「赤い服が着たい」と思ったら、そのエネルギーが飼い主さんへ届きます。

ワンちゃんは言葉で伝えてくるのではなく、「赤い服」と云うエネルギーを送ってきています。

「赤い服」と云うエネルギーを受け取った飼い主さんは、そのエネルギーを自分の分かる感覚に変えます。

「映像が見える」「声が聞こえる」「頭の中に言葉が浮かぶ」など・・・

携帯電話は、人間の言葉をデジタル信号に変えて、電波にのせて通話相手の携帯へ届けます。
受信した側の携帯電話は、届いたデジタル信号を「音声」に変えます。
これで通話ができます。

アニマルコミュニケーションは、思いや言葉をエネルギーにして、相手の領域に届けます。
受信した側は、そのエネルギーを自分の得意な感覚(五感)に変換します。

こうやって会話をします。

 

アニマルコミュニケーションの道具

例えば
私が、動物から送られてきたエネルギーを「ママのことも、まぁまぁ好きだよ」と変換したとします。

この「まぁまぁ好きだよ」の中には色んな感情が混ざっていて
・うるさいんだよね
・時々しつこいんだよ
・ちょっと恥ずかしい
・照れるよ
・好き
等など、「まぁまぁ好きだよ」と一言では表現できない感情が含まれていることが多いです。

多くの場合、動物から送られてきたエネルギーのすべてを変換することはできないです。

それは、例えば私が「照れる」と云う感覚が希薄であれば、そのエネルギーを変換できないです。
自分が持ち合わせていない感覚は表現できないんです。

アニマルコミュニケーターは、自分の得意不得意の感覚を知っておくことが重要です。
同時に、感覚を豊かにする経験を多く持つことが、アニマルコミュニケーションを豊かにしていくと思います。

受付時間 10:00~20:00(不定休) 090-8516-0479 LINE@受付中

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です